任意整理のデメリットについて~気になる任意整理情報を徹底解説~

任意整理のデメリットについて~気になる任意整理情報を徹底解説~

任意整理のデメリットについて~気になる任意整理情報を徹底解説~

任意整理は、裁判所を通さずに行う債務整理であり、借金を返済できる範囲にまで減らすという事を目的としています。利息制限法による引き直し計算を行い、返済額を確定した後に将来利息をカットして3年間かけて完済するというのが具体的な内容です。期間については、5年程度まで延長する事も可能で、一部の借金だけを残すというやり方も認められています。

任意整理は、実際の交渉は法律の専門家である弁護士や司法書士に依頼するのが一般的であり、自身が法律の知識や交渉テクニックを持っている必要は必ずしもありません。また、自由度が高いという事も魅力であり、財産を手放さずに手続きを進める事が出来ます。

通常の契約で返済するよりも、任意整理を行う事により金額をかなり少なくする事が出来ます。ただし、デメリットも生じるので、事前に認識しておかなくてはなりません。ローン審査の重要ポイントとなる信用情報機関に記録されてしまうので、ブラックリストに載ると表現される状態となります。これにより、最低で5年間は新規借入が出来なくなります。

任意整理によるデメリットは、他の債務整理と比較すると、それほど大きいわけではありません。財産を手放す代わりに、借金を完全にゼロにする自己破産の場合は、信用情報機関に最長で10年間記録されてしまいます。さらに、官報に氏名が記載されるというデメリットも生じます。任意整理の場合は、裁判所を通さないので、官報に記載される事はありません。